粟津温泉法師 五つ星のなかでも最高評価の温泉旅館

  • 粟津温泉法師は、養老二年粟津開湯から伝承一千三百年の歴史ある温泉。
  • 四十六代にわたる日本最古ののれんは、旅館に一歩入ると、その伝統と格式が神々しく感じられる。
  • 法師自慢の温泉風呂は、それぞれに趣向を凝らした楽しみが味わえる。
  • 露天風呂の彫刻『大男茎形(おおおわせがた)』は、五穀豊穣・万物育成の神である『御歳神』と、子宝・安産神『玉姫命』。世界的にも著名な佐野藤衛右ヱ門先生が彫られた。
  • 法師は、敷地内に自家掘り源泉3本を所有、泉質はナトリウム硫酸塩泉(芒硝泉)。
  • 養老2年(奈良時代・西暦718年)の開湯以来、こんこんと湧き続け、無色透明で成分が濃く、日本有数の泉質を誇る源泉が絶え間なく流れ込んでいる。
  • 法師では、無加水放流ろ過式を採用。
    浴槽内環境の維持には、常に細心の注意を払っており、入浴時に発生する垢などの老廃不純物の除去処理をし、泉質での適応症(効能)を失うことなく、安心してご利用いただける設備が自慢。

粟津温泉 法師

粟津温泉 法師